岡山で一番の障害年金請求 岡山障害年金請求サポートセンターです。白内障 糖尿病性網膜症 メニエール症 突発性難聴 股関節脱臼 人工関節 PPS 脳脊髄液減少症 関節リウマチ 脳梗塞 変形性股関節症 線維筋痛症 統合失調症 高次脳機能障害 うつ病 てんかん 知的障害 発達障害 アスペルガー症候群 自閉症 肺結核 じん肺 喘息 在宅酸素療法 狭心症 心筋梗塞 ペースメーカー 人工弁 ICD 慢性腎不全 慢性肝炎 糖尿病 人工透析 悪性新生物 人工肛門 咽頭腫瘍 骨髄性白血病 遷延性植物状態 いわゆる難病 慢性疲労症候群CFS 化学物質過敏症MCS・・・。障害年金以外にも別居の内縁関係の遺族年金、戦時中に軍需工場・衣糧廠等に勤務した老齢年金等困難な年金請求なら何でもプロの社会保険労務士にお任せください。

そしゃく嚥下機能の障害認定基準

そしゃく嚥下機能の障害認定基準

そしゃく嚥下機能の主な傷病は・・・
上下顎欠損 舌癌 下咽頭腫瘍 そしゃく機能障害

障害認定基準

障害の程度障 害 の 状 態障害の状態の例
2 級そしゃくの機能を欠くもの流動食以外は摂取できない、経口的に食物を摂取できない、食餌が口からこぼれ出るため常に手、器物等でそれを防がなければならない、又は、一日の大半を食餌に費やす程度の状態にあるもの
3 級そしゃくの機能に相当程度の障害を残すものある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のもの
障害手当金そしゃくの機能に障害を残すものある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のもの

認定要領

(1) そしゃく・嚥下機能の障害は、歯、顎(顎関節も含む。)、口腔舌、口唇、硬口蓋、頰、そしゃく筋等)、咽頭、喉頭、食道等の器質的、機能的障害(外傷や手術による変形、障害も含む。)により食物の摂取が困難なもの、あるいは誤嚥の危険が大きいものである。

(2) そしゃく・嚥下機能の障害の程度は、摂取できる食物の内容、摂取方法によって次のように区分するが、関与する器官、臓器の形態・機能、栄養状態等も十分考慮して総合的に認定する。
ア 「そしゃく・嚥下の機能を欠くもの」とは、流動食以外は摂取できないもの、経口的に食物を摂取することができないもの、及び、経口的に食物を摂取することが極めて困難なもの(食餌が口からこぼれ出るため常に手、器物等でそれを防がなければならないもの、または、一日の大半を食事に費やさなければならない程度のもの)をいう。

イ 「そしゃく・嚥下の機能に相当程度の障害を残すもの」とは、経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないためにゾンデ栄養の併用が必要なもの、または、全粥又は軟菜以外は摂取できない程度のものをいう。

ウ 「そしゃく・嚥下の機能に障害を残すもの」とは、ある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のものをいう。

(3) 歯の障害による場合は、補綴等の治療を行った結果により認定を行う。

(4) 食道の狭窄、舌、口腔、咽頭の異常等によって生じる嚥下の障害については、そしゃく機能の障害に準じて、すなわち、摂取し得る食物の内容によって認定を行う。

(5) そしゃく機能の障害と嚥下機能の障害は、併合認定しない。



823 1 1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional