うつ病は女性に多く、男はうつ病にならずに、過労死するまで働くワケ

投稿日:

うつ病は女が多く、過労死に男が多いワケ
うつの罹患率や過労死の数について統計をとると、男女で大きな差が出ることがわかっています。うつ病では、女性の罹患率は男性の2倍。過労で死ぬのは男性がほとんどです。

では、どうして女性のほうが男性よりうつ病になりやすいのでしょうか。まず、脳科学的な理由が挙げられます。「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌の減少が、うつを引き起こす直接の原因となります。エストロゲンは、人の感情、気持ちを高める「セロトニン」という脳内物質に作用するホルモンなのです。つまり、生理や妊娠、閉経などでエストロゲンが減少すると、セロトニンも減少し、抑うつ的な気持ちを引き起こしてしまうのです。

男性はうつが少ないというわけではない
一方で、「男性のうつ病が少ない」のには、とある事情があります。というのも、男性はうつ病になっても病院を受診しない人が多いのです。女性は、男性に比べると共感力が高い傾向があり、すぐ友人や家族に相談できる話好きな人が多い。そのため、病院にもかかりやすいのです。

対して、男性は精神的な負荷を感じていても「もっと頑張らなければ」という意識を抱えてしまいがち。仕事が生きる目的になっている働き盛りの年齢のビジネスマンなら「もっと働かないと」と思ってしまい、なおさらです。そうして、苦しくても病院に行かずに済ましてしまうのです。つまり、男性はうつが少ないというよりも、「うつと診断される人が少ない」と言えるのです。PRESIDENT 2017年6月12日号

コメントを残す