岡山市障害者自立支援協議会で講師をしました。

投稿日:

先日、旭川荘児童院で岡山市障害者自立支援協議会教育部会の研修会で「障害基礎年金について」のテーマで講師をしました。

対象は岡山県内の特別支援学校(16校)の教職員の方等で約40名の参加でした。

レジメは先に岡山東特別支援学校のPTA研修のテキストを少し教職員用に工夫して、読み返して内容の復習をして理解が深まるよう18頁の資料を作成しました。

障害のあるお子さんが学校を卒業して20歳になって障害年金の請求を自分たちで出来るように準備を在学中からすることが重要を強調しました。

療育手帳・障害手帳と障害年金の等級の関係も詳しくお話ししました。

参加の皆さんのお話では「卒業生に20歳になってから年金の請求はどうしてる?」と電話をする程度で、ほとんど年金請求についての指導はしていないとのことでした。

今回の研修を聞いていただいたので今後はこのような指導を改めて在学中からの準備を指導いただけると思います。

 

コメントを残す