線維筋痛症で3級決定しました

投稿日:

15日(土)に繊維筋痛症で3級の障害厚生年金決定のご連絡のメールをいただきました。

DSCF1918

2017年11月13日に初回メール相談を受けた交通事故後に線維筋痛症を発症した他県の方です。
当センターは原則面談をして相談可能な方だけの請求をお受けしています。
このため線維筋痛症は初診日の認定が難しく病名が判明した日とされることが多く、病名判明から1年6カ月が経過していない。
面談して相談できないので認定事例の資料を差し上げるので、ご自分で症状を考えて該当すると思われたらご近所の社労士さんにご相談くださいと御返事しました。
その後1年6カ月経過して再度依頼があり委任いただきました。
全てメールのやり取りで診断書を用意して、病歴就労状況等申立書も作成しました。
診断書はステージⅢですが、日常生活動作に〇が多く3級認定が少し難しいと想像されるものでした。
対策として病歴就労状況等申立書に日常生活で困っていることを詳細に書きました。結果は3級認定で安堵しました。
3月6日に年金相談センターに提出して6月6日付けの決定でした。決定までの日数は92日です。
当センターの最近の決定はうつ病と脳関係の肢体の請求が9件ほど続いていますが60日前後で決定しています。
今回の線維筋痛症は難しい傷病のため少し決定までに時間がかかったのかもしれません。

今回はメールだけのやり取りで受給に成功しました。2017年11月13日に初回相談メールを頂いて、日本年金機構で決定したのが570日後の2019年6月6日です。障害年金の相談は長くかかりますが、今回は最長記録です。

コメントを残す