診断書は何科の医師が書くのですか?を訂正追記しました。

投稿日: カテゴリー: 診断書

最近、「診断書は何科の医師が書くのですか?」の閲覧が非常に多いので内容を訂正追記しました。

障害年金の請求をすることになって診断書を用意するにあたって何か所も受診していたらどこのドクターに書いてもらえばいいのか迷うことがあると思います。

そんな方の参考になればいいのですが、明確な答えはありません。

障害年金の診断書は何科の医師が書くのですか?

診断書とは?

診断書は厚生年金法施行規則第47条2項、国民年金法施行規則第31条2項に障害の状態の程度に関する医師又は歯科医師の診断書とされています。

精神の障害の診断書は例外

精神の障害の診断書のみ原則精神保健指定医又は精神科を標ぼうする医師が記入することになっています。
てんかん、知的障害発達障害、認知症、高次脳機能障害など診療科が多岐に分かれている疾患について、小児科、脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科、老年科などを専門とする医師が主治医となっている場合、これらの科の医師であっても、精神・神経障害の診断又は治療に従事している医師であれば記入可能と診断書の記入上の注意に書かれています。

専門以外の医師でもOK

このことから、精神の障害の診断書以外は医師又は歯科医師であれば専門科以外の診断書でも作成は可能です。

歯科医師が眼科の診断書を書いても受理されます。

ただし、専門以外の医師が書いた診断書では認定されるのは難しいと思われます。

障害年金の請求は基本的に一発勝負と思ってください。

障害年金をして不支給になると「審査請求」ができます。しかし審査請求をして不支給をひっくり返すということはかなり難しい困難なことです。

このため初めから障害の程度が的確に書かれた診断書を用意して請求して年金の障害年金の受給に結びつけるという努力をするのが最適です 。

難病等で通院可能な範囲に専門医がいないような場合は仕方ありませんが、専門以外の医師の診断書での請求は避けるのが無難です。

 

知的障害・発達障害の診断書

知的障害や発達障害の方には幼少時から医師の診察を受けたことが無い方の相談が時々あります。

続きはこちらを参照してください・

コメントを残す