請求手続きの流れ

請求手続きの流れ

障害年金請求手続きサポートコースの流れ

STEP1

ご本人様、ご家族様からのお問い合わせ
電話でのお問い合わせの際に、次のことをお聞きいたします。

  • お名前、生年月日、住所、連絡先
  • 傷病名
  • 初めて病院に行った時期と加入していた年金(国民年金・厚生年金等)
  • いつからどんな症状であったか、現在の症状など
    をお聞きします。

また、ご本人様、ご家族様の希望により、面談の日時、場所を決定します。
面談場所は、ご本人様、ご家族様のご自宅またはその近くの喫茶店、ファミリーレストランなど、ご希望の場所をご指定していただきます。)

矢印4

STEP2

ご本人様、ご家族様との面談
傷病の発生当時から現在までの受診状況、就労状況、年金加入歴などを詳しくお聞きします。
年金手帳、日本年金機構からの書類、お薬手帳、健康診断等の検査結果などを準備してください。
また傷病の発生当時からの病院を受診したときのことをメモ程度に書いていただけますとお話がスムーズです。

今後の障害年金請求までの流れを説明いたします。
障害年金を受給できる可能性があれば、年金事務所での年金記録確認用の委任状を書いていただきます。

矢印4

STEP3

年金記録の確認(当センター作業)
保険料の納付要件を満たしているか、年金事務所での確認を行います。
保険料の納付要件を満たさない場合、ご本人様、ご家族様にご連絡をして本コースは終了となります。

矢印4

STEP4

契約の締結
業務委託契約書の確認と押印、各種委任状の記入と押印をしていただきます。
着手金をいただいた時点で次のステップの作業に入りまます。

矢印4

STEP5

受診状況等証明書の取得(当センター作業)
最初に受診した病院に連絡または訪問し、受診状況等証明書の作成を依頼します。複数の病院での作成が必要な場合があります。受診状況等証明書は1枚について1,000~5,000円程度ですが、ご本人様、ご家族様の負担となります。

矢印4

STEP6

診断書の取得
診断書を依頼する病院にご本人様と同行し、主治医に診断書の作成を依頼します。主治医と面談ができない場合は、ご本人様から診断書の作成依頼書を主治医に渡していただきます。
診断書が出来上がった際に、当センターが記載もれ等内容の確認を行います。
診断書は複数の病院での作成が必要な場合があります。診断書は1枚について5,000~15,000円程度ですが、ご本人様、ご家族様の負担となります。

矢印4

STEP7

病歴(就労状況等)申立書、傷病別アンケートの作成
ご本人様、ご家族様とのヒアリング等の資料、受診状況等証明書および診断書を基に当センターが病歴・就労状況等申立書の下書きを作成します。これをご本人様、ご家族様の意見により訂正します。
網膜色素変性症、先天性股関節疾患、糖尿病、腎臓・膀胱、肝臓、心臓、肺等の疾患は参考資料のアンケートを受診状況等証明書、診断書、病歴・就労状況等申立書と整合性が取れるようにご本人様、ご家族様の意見により作成します。

矢印4

STEP8

戸籍などの添付書類を取得する(ご本人様、ご家族様作業)
戸籍謄本、住民票、所得証明書、学生証、通帳などの必要書類を取得していただきます。

矢印4

STEP9

年金請求書類を提出する(当センター作業)
障害年金裁定請求書を作成し、書類を年金事務所、市町村に提出します。
提出した資料のコピーをご本人様、ご家族様に送付いたします。

矢印4

STEP10

支給、不支給の決定
年金請求書類を提出してから、障害基礎年金の場合は2~3ヶ月、障害厚生年金の場合は4~6ヶ月程度で決定がなされます。
支給決定の場合は、年金証書および年金決定通知書が送られます。
不支給決定の場合は、不支給決定通知書が送られてきます。今後の不服申立てを検討する必要があります。
支給、不支給が決定しましたら速やかに当事務所への連絡をお願いします。

矢印4

STEP11
第1回目の支払いは支給決定通知到着後約50日月後に指定の金融機関に年金が振り込まれます。

矢印4

STEP12

当センターから手数料の請求書をお送りしますので、期日内にお支払いください。

 

1680 1 3